ドラマ・映画

「スマホを落としただけなのに」感想・スマホの中身を他人に見られたら人生破滅!?

2020年3月14日

今回は「スマホを落としただけなのに」を観ました。

田中圭主演のホラーサスペンスということで「あなたの番です」を連想させるような今作。

この田中圭って役者さんは本当にいいですよね。

ということでこの映画にも非常に期待が高かったです。

あらすじ

平凡な会社員の富田誠(田中圭)は仕事の移動中にタクシーにスマホを落としてしまう。誠の恋人の稲葉麻美(北川景子)はその直後に誠に電話をするが、出たのは全く知らない男。

「カフェの店員にスマホを預けておくので受け取ってください。」

その言葉通りカフェに取りに行き、無事に誠のスマホは戻ってくる。

しかし、この時から2人の周囲に奇妙な出来事が多発するようになり、平穏だった日常は徐々に崩れていく。

知らぬ間にSNSに投稿される誰にも見せたくない写真、2人の仲を引き裂くような出来事。それと同時に起こる殺人事件。

そして稲葉麻美の衝撃の過去とは。

「スマホを落としただけなのに」は面白い?観るべき?

まずネタバレなしにこの「スマホを落としただけなのに」は面白いのか、観るべきなのかの評価です。

サスペンスホラーとしては非常に面白い作品なので見る価値あり!

スマホを落としたところから始まる数々の不気味な出来事と、それによるラブラブだった誠と麻美の中がボロボロになっていく様が見ていて非常に苦しくなる!

しかもどうやら麻美には恋人にも言えない過去があるようで・・・この過去がまた衝撃。

本当にスマホの中身を他人に見られるって恐怖でしかないなという感想を持ちました。

犯人やその犯行についてはちょっと不満が残りましたが、スマホが生活必需品となっている現代社会に非常にマッチした良作といえるでしょう。

ネタばれ感想

「スマホを落としただけなのに」を見ての感想です。

私的には、犯人の犯行には不満があるけれど全体的には面白かった、と思いました。

あとスマホを拾われて簡単にパスワード開けられているのを見て、スマホに限らずパスワードに誕生日とか簡単に推測できる数字は絶対にやめようと思いました。

もしパスワードを誕生日とかにしている人がいたら、すぐに変えた方がいいですよ。

犯人の犯行については不満が残る

映画では犯人が富田誠のスマホをタクシーで拾ったことから事件が発生します。この犯人についてはちょっとキャラ設定が微妙かなと思いました。とりあえず狂った演技をして何とかキャラを作っているようでした。

もうちょっと犯人の人物像を掘り下げて欲しかったですね。

スマホから個人情報を抜き取ったりしているけれど、それも決してその道のプロというわけではなく素人が色々やって運よくパスワードを開けた感じ。

犯行の動機についても親からの愛情を受けずに育った家庭環境が影響して、とにかく長い黒髪の女性を狙うという計画性の無さ。もう少しここら辺の犯行の中身や動機などについても深みが欲しかったかなという感じはしましたね。

というか途中までは若い刑事の加賀谷学が犯人かと思っていました。これにはまんまと騙されましたね。ただ若い刑事と犯人を繋ぐものが家庭環境が似ているという部分だけで、繋がりとしては弱すぎるかなと。ここら辺もちょっと不満ではある。

ちなみに作中で加賀谷学が風俗店に聞き込みをしに行ったときに、従業員の女の子の背中に頬ずりをするシーンがあるのですが、これが1番この映画で鳥肌が立ちました。彼も結構メンタル面がヤバいのでは?

スマホの個人情報流出は恐るべし

この映画のメインとなっているスマートフォンからの情報流出。現代人にとって、もはやスマホは無いと生活に支障が出るほどの必需品となっていますよね。友人や家族、恋人の連絡先やラインの内容、写真など見られたくないデータ満載です。これらが全て他人に見られるとか恐怖でしかないです。

同じようなテクノロジーの進化を題材にした映画やドラマなども多数あります。海外ドラマだとブラックミラーなんてこうしたテクノロジーの進化による生きずらさや困難などを描いたものが多いですね。

私は映画を見終わって、もし自分のスマホが誰かに見られたらと考えたらと思うと怖いという感情しかありませんでした。

まあ作中のスマホのパスワードとか誕生日に設定してるけど、これは無いよねとは思いましたが。パスワードを誕生日にするのは本当に危ないし他人に開けられるリスク高過ぎるのでやめましょうね。ここら辺は映画ならではのご都合主義的な感じです。

あと怖いのはスマホの中身を見られたら、そこから簡単にTwitterとかfacebookにログイン出来てしまうこと。

私たちの使っているスマホでもアプリを開いたらすでにログイン状態になっていますよね。そうなるとそこから好き勝手に投稿とかできてしまうわけで。他人に変な投稿をされたら辛すぎます。実際にラインの乗っ取りとかあるわけですし、現実に生きる私たちも気を付けないといけないと思いました。

ちなみに指紋認証も実は危ないですよ。私の友人に彼女に寝ている間にスマホを指に当てられて指紋認証を解除され、中身を全て見られた人がいます。まさに恐怖・・・

正にも悪にもなるストーカーアプリ

恋人を救うために一役買ったのが位置情報を特定するアプリ。これってよくストーカーが使うアプリですよね。でも今回は恋人の居場所を割り出して命を救う存在に。

こういうアプリってストーカーアプリと呼ばれることが多くて、あまりいい印象を持たれてないのが現状です。ただ、映画のように人を助けることもあるわけで、正にも悪にもなりえるなと思いました。

恋人に自分の居場所がいつでも知られてしまうけど。

恋人が別人でも愛せるのか

この映画で事件とともに大きな柱となっているのが稲葉麻美の過去についてです。

実は彼女は別人で、本当の稲盛はすでに死んでいた。彼女は整形して彼女になりきって人生を生きていたというもの。映画の最後の方でもこのことを打ち明けられた富田誠もどうしていいかわからないという表情をしていました。

もし自分が主人公の立場だったら、別人になり代わっていた彼女を愛せるのか。

これは非常に難しい問題かもしれませんが、私個人はそれでも愛せるという結論に至りました。

自分の最愛の人を思い浮かべて、あの人がもし全くの別人として生きていたら、それでも愛した気持ちは変わらないでしょう。

貴方は恋人の過去に何かしらの秘密があったら、それでも相手を愛すことが出来ますか?

あと物語とは全く関係ないけど、北川景子はやっぱり美人だなと思いました。あんな彼女がいたら浮気なんて出来ないでしょう。演技はちょっと微妙ですけど、やっぱり花がある女優さんだなと思いました。

まとめ

今回は「スマホを落としただけなのに」についての感想を書きました。

犯人の犯行に対してちょっと不満はありましたが、全体的には面白い作品だと思います。

スマホを落としただけでこんな大事になるなんて誰も想像しないでしょうけど、実際にこれに近いことは現実世界でも起こりえるような気がします。

それと恋人の過去にもし人には言えない過去があったら、という点についても考えさせられる作品でした。

-ドラマ・映画

Copyright© imatano-life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.